ボディクリームでつやつや肌

敏感肌のためのボディクリームの塗り方

敏感肌だと乾燥も気になりますが、ボディクリームを慎重に選ばないと、刺激で肌荒れをおこしてしまいます 刺激が弱く、かつ保湿効果の高い成分が配合されたものを選ぶ必要があります。
肌の角質層に浸透するセラミドや、皮膚粘膜の健康を維持するのに欠かせないナイアシン、セラミドの生成力を高める働きがあるユーカリエキスなどが配分されたものを選びましょう。
また敏感肌が悪化してしまうのは、入浴後の乾燥した肌にしたままにすることです。
なるべくボディクリームは、入浴後すぐに塗るようにしましょう。
保湿や保護効果を高めるには、肌が濡れた状態で塗ると、効果が高まると言われています。
水分が蒸発してしまう前に、クリームでふたをしてしまうことができるのです。
ボディクリームを塗った後に、肌の水分が気になる場合は、軽くおさえるように水分のみをふきとりましょう。
また濡れている方が、全体に成分がのびて行き渡りやすくなるためです。
塗り方を工夫してみましょう。

敏感肌におすすめのボディクリームの選び方は

お肌が乾燥すると、バリア機能が衰え、外界からの刺激を受けやすくなり、湿疹や吹き出物が出来やすくなるので、フェイスクリームと同じくらい、ボディクリーム選びにも気を使う必要があります。
ボディクリームを毎日塗っているのに、お肌に潤いをキープできず、かさかさになりやすい敏感肌の方は、今使っている商品が体に合っていないので、別のものに切り替えるようにしてください。
敏感肌におすすめのボディクリームは、低刺激性のものなので、着色料や香料、アルコールなどの成分が入っていないものを選ぶようにしましょう。
無添加なら、お肌に優しく浸透し、安心して使えるので、肌トラブルが起きる心配がありません。
ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分がたっぷり入っているものを選べば、潤いを長期間キープし、乾燥を防げるので、購入する際は成分をよく確認してから購入することが大切です。
自分で決められないときは、ボディクリームのランキングサイトの中から選べば、失敗することはないでしょう。

Favorite

Last update:2017/4/11